強い 資金調達 税理士 を見分ける

私のパート先の職員さんはいつか鎌倉あたりで小さな雑貨屋さんを開きたいなぁと夢を語っていました。
小さなお店であっても開店資金にはそれなりにかかるので、いまからお金を貯めないといけないけど、子供にもお金がかかるので夢はまだまだかからないよって話していました。
お子さんが成人するまでまだ何年もあるから頑張らないとね。
資金調達がスムーズにできればいいんだけど、一般人には難しそう。
だから資金調達 税理士に依頼するのがいいのかも。
税理士の色々なので資金調達に強い税理士もいれば資金調達の経験がない税理士もいます。
だからこれから起業するために資金調達が必要な場合には資金調達に強い税理士選びが必要で、実績や経験で見分けることができます。
公的な公庫や銀行といったところの融資サポート、助成金の受給サポートといった経験があればあるほど、資金調達をするためになにが必要かが豊富な弁護士である判断材料になります。
また税理士が行うサポートには資金調達を申し込む上で担当者への橋渡しなどのサポート、その際に税理士が間に入ってフォローすること、必要な書類の準備などをサポートすることができます。

沖縄の歯医者とか。

沖縄の歯医者だからって、みんなアロハシャツを着てるわけない。
沖縄の人はみんな麦わら帽子をかぶって歩いてるというわけでもない。
他の地域に住んでる人は、沖縄のイメージが一人歩きしていて過度な妄想に陥ってると思う。

沖縄は観光地としても有名だから、訪れたことのある人は多いだろう。
でも、観光地としての沖縄と、沖縄県民が暮らす沖縄は似て非なるものである。

大阪だからってどこでもたこ焼きがおいしいわけじゃない、みたいなそんな感じ。
名古屋だからって街行く女性みんなが美しい名古屋嬢かと言われればそうでもない、みたいな感じ。

街行く人が麦わら帽子っていう割合は、他県に比べると沖縄は多いかもしれないけど。
住んでるのは生粋の沖縄県民ばかりでもないし。
観光に来て、沖縄が気に入って移住したって人もよくいる。
そういう人には、沖縄のいろんな面が新鮮で面白く感じるかもしれない。

実際沖縄に住んでみると、住む前に感じてた「沖縄らしさ」みたいなものってイメージでしかないなって分かる。
きっと世の中は、そういうことで溢れてるんじゃないかな。
経験しないと分からないことは多いから。