公立高校を受験しようと考えている方であれば、ほとんどの人が塾に通っていると思います。塾では、周りのみんなが受験に向けて真剣に勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)している為、自ずと競争心がわき、自分から勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)をしなければならないような状況にもなるのではないでしょうか。それに、受験のテクニック(方法や技術といった意味で使われている言葉ですね)や情報もいろいろと教えて頂けるので、有利なということは間違いません。けれど、受験の追い込みの時期に、思ったように成績が上がっていなかったり、本人のやる気(とりあえず、やる気が出なくても始めてみるというのも一つの方法です)がどうしても出なかったりするようであれば、塾の他にも家庭教師(日本では、「家庭教師のトライ」が家庭教師の派遣業をほぼ独占している状態だそうです)を言う選択肢をかんがえてみてもいいかもしれません。塾であれば沢山の刺激があるとは言え、反対にその刺激が貴方のペースを乱してしまったりする可能性も考えられます。また、本人の性格(人や動物の性質を表わす言葉です)から塾に向かない方がいらっしゃると言うこと確かです。家庭教師(どうやって探すかで、必要な費用が大きく畭なります)みたいな個別指導の場合、先生と1対1で勉強する事で、疑問点はすぐその場でクリアにすることができますので、理解するスピード(急がね回れということわざにある通り、一見、早いように思えて実はそうでもないこともあります)はかなり早くなるようです。そして、それが本人の自信にも繋がっていくだといえますね。先生との相性が良ければ、その先生から毎回励まして頂く事で、本人の勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)に対するモチベーション(人によって維持のさせ方、再燃のさせ方が畭なるものです)も上がっていく事が期待できるでしょう。追い込みの時期には、かなり効果があった選択となるのかもしれません。受験が終わりから後悔することがないように、もし、可能性があるのならば、出来る限りのことをしておくことが大切なのではないでしょうかー